WordPressで501エラーで記事が保存できない場合の対処法

Mac

WordPressでブログ記事を投稿しようとしたところ、501エラーで保存ができなくなりました。

結論、特定のコマンドを含む文字をサーバー側で弾く仕組みになっているようでした。

半角文字列ではコマンドと認識されてしまうようなので全角にすることで解決できました。

いつものようにブログを投稿しようとしたらエラー501

ブログ記事投稿にはいつもMacの「メモ」で下書きしています。

本文がある程度出来上がったら、WordPressの「投稿」で新規記事を作成します。

しかしある日の記事を下書き保存しそうとしたところ、501エラーが出ていっさい保存ができなくなりました。

501

Not Implemented

アクセスしようとしたページは表示できませんでした。

・対応していないメソッド(MOVE/COPYなど)を使用した。

上記のようなエラーが出たのですが、全く心当たりがなく途方に暮れていました。

レンタルサーバーにログインしてみる。

調べてみると契約しているレンタルサーバーのセキュリティが原因とあったのでサーバーにログインしてみました。

契約しているのはXserverで、右の「ログイン」から進みます。

ログインができたら右の「サーバー管理」をクリックします。

サーバー管理画面の右下のセキュリティ内にある「WAF設定」をクリックします。

すると画面が開き、「コマンド対策」という項目がありました。

これをOFFにすることでWordPressで保存ができるようになるようですが、あるところに注目しました。

「コマンド対策」の内容にヒントがあった

「コマンド対策」の内容を見てみると、「コマンドに関する文字列が含まれたアクセスを検知します。」と書いてあります。

コマンド……コマンド……投稿しようとした記事の本文を見返してみると「CD」という文字列を使っていました。

もしやこれが原因では?と思い試しに「CD」の部分を全角にしてから保存してみました。

するといつもどおりに保存ができたのです!

そのため、Xserverでコマンド対策をOFFにする必要はありませんでした。

思い返してみれば、Macの「ターミナル」で「CD」というコマンドを使っていました。

つまりこのコマンドが原因で保存ができなかったことがわかりました。

まとめ

WordPressで投稿記事が保存できなくなった時はとても焦りました。

しかし落ち着いて原因を特定すると、思い当たるものでしたので焦る必要はありませんでした。

このような類似のコマンドのようなものは他にもあると思いますので覚えておいて損はないよ思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

コメント