iPhoneのバッテリー残量を表示する方法

iPhone

Face IDを搭載したiPhone X以降の機種でバッテリーの残量が表示されなくなりました。

コントロールセンターを呼び出すことで見れますが、画面の右上から下にスワイプしないといけません。

設定で常時バッテリー残量が表示できます!

iPhone X以降はバッテリー残量が非表示

大きくデザインが変わったiPhone X。

画面上部にインカメラなどのノッチ領域ができたため、右上のモバイル通信やバッテリー残量の表示範囲が狭くなったのが原因です。

コントロールセンターでバッテリー残量が見れるが……

iPhoneの画面右上から下にスワイプすることでコントロールセンターが呼び出せます。

コントロールセンターの画面ではバッテリー残量がしっかりと表示されます。

これで見れることは見れますがバッテリー残量を見るために毎度スワイプは正直面倒です。

設定で常時表示できる

iPhoneの設定アプリ→下にスクロールし「バッテリー」をタップします。

「バッテリー残量(%)」をオン。

これでバッテリー残量が常時表示されるようになりました!

常時表示できるようになったが……

バッテリーの設定でかんたんに残量が常時表示できるようになりましたが、見た目はバッテリーのアイコンの中に残量の数値というビジュアルに見慣れませんでした。

バッテリーアイコンだけのシンプルな表示のほうが落ち着く……と感じて一時的に設定を戻していました。

しばらく経ってからやはりまたバッテリー残量を常時表示に設定し直しました。

理由はやはり残量がひと目でわかるのが便利だからです。

もはやスマホはなくてはならないモノですので、それのバッテリーの減りにいち早く気づけたほうが充電のし忘れや、バッテリー切れなど様々なリスクの回避につながると考えました。

あなたのiPhoneのバッテリー残量は常時表示していますか?

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを摘出しました!

ブラウザ拡張を使用して広告をブロックしていることが摘出されました。

ブラウザの広告ブロッカーの機能を無効にするか、当サイトのドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。

何卒、ご了承ください。