【仕様です】iPhone 15 Proでバッテリー上限80%なのに過充電される

iPhone

iPhone 15シリーズからバッテリーの設定で充電を制限できる機能が追加されました。

普段は充電の上限が100%ですが、80%に抑えられます。

iPhoneのバッテリー劣化をできるだけ防ぎたいのでヘビーに使わない時間帯に上限80%にして低電力モードにして使っていました。

これでバッテリー傷めずに使える!と思っていたのですが、80%以上充電されてしまうことがあり不思議に感じており調べてみることに。

結果、仕様で「上限80%」にしていても充電状態の推測精度維持のため、ときどき100%まで充電されるようです。

ときどき……というのがひっかかりますが仕様なので仕方がないようです。

なぜそれでも上限80%や低電力モードを使い続ける理由と設定方法を解説します。

iPhoneのバッテリーをなぜいたわるのか?

バッテリーの劣化を防ぎたいからです。

近頃のiPhoneはどんどん高価になっており、最新のiPhone 15シリーズは124,800円からと10万円超えは当たり前になりました。

そのため少しでもiPhoneを長く使うためにバッテリーを長持ちされる必要があるのです。

劣化したらバッテリー交換をすればいいじゃないか!と思うかもしれませんがAppleCare+の加入やバッテリー交換オプションを使っても結局有料でお金がかかります。

数年使うつもりでiPhone 15 Proを購入したので少しでもバッテリーを長持ちさせる設定をしているというわけです。

iPhoneを使う時間は意外に少ない

仕事中や学校の授業中など普段生活しているとiPhoneに触れない時間のほうが長いです。

触っていない待機時間中はバッテリーを長持ちさせる設定にして、いざ使いときにバッチリバッテリーがある状態を維持したいと思うのは自然なことだと思います。

モバイルバッテリーを持っていけばいいじゃないかと思うかもしれませんが、ただでさえ仕事道具や学校の教科書などでバッグが重いのにさらに持ち物は増やしたくないものです。

休日のおでかけや旅行など長時間外にいてiPhoneに触る時間が長いときはモバイルバッテリーを持っていくのは合理的です。

少し脱線しましたが、iPhoneの設定でバッテリーの劣化を抑制できるならばやるべきだと考えます。

上限80%

バッテリー充電の最適化はもちろん今まで使っていましたが、iPhone 15シリーズから追加された上限80%を使ってみました。

その名の通り通常は100%までのところを80%で充電を止める機能です。

iPhoneの設定でできるということは80%上限にしたほうがバッテリーの寿命が伸びるというのをAppleが公式に認めたようなもの。

この設定を見つけたとき飛びつくように即有効にしました。

上限80%の設定方法

iPhone 15シリーズの上限80%はバッテリーの設定から有効にできます。

iPhoneの設定アプリ→下にスクロールしてバッテリーをタップ。

バッテリーの状態と充電をタップし→充電の最適化→上限80%を選択します。

上限80%にしているのにそれ以上充電される

上限80%に設定したからこれで安心だぜ!と思っていたらあるときいつも通り充電していたら80%以上充電されてしまったのです。

放っておくと100%まで充電されることもあり上限80%とは……と不思議に思っていました。

繰り返しますが上限80%はiPhone 15から新しく始まった機能なのでiOSのバグか?と疑いOSアップデートのたびに詳細を見るのですがバッテリー上限に関することは見当たりませんでした。

【仕様】ときどき100%まで充電される

そこで調べてみるとAppleのページにありました。

結論、仕様で上限80%にしていてもときどき100%まで充電されることがあります。

理由はバッテリーの充電状態の推測精度を維持するためのようです。

ときどき……というのが気になりますが、仕様なので仕方なさそう。

とりあえずiOSのバグでなくてよかったです。

低電力モードも併用

バッテリーを長持ちされるために低電力モードも使っています。

iPhoneの設定アプリ→下にスクロールしバッテリーをタップし低電力モードをオン。

コントロールセンターに追加しておくともっと少ない手順でオンにできます。

オートメーションで低電力モードに

更に「ショートカット」アプリ内の機能のオートメーションも活用していてiPhoneを電源から解除、つまり充電を終えてケーブルなどから外すと自動で低電力モードにしています。

オートメーションを新規追加し「いつ」のところにiPhoneが電源から接続解除されたとき、「行う」にあらかじめ作っておいた低電力モードをオンにするショートカットを配置。

通常は80%以上充電されると低電力モードが自動で解除されてしまいますが、これで常に低電力モードを維持できます。

解除したいときはコントロールセンターに追加しておけばかんたんにできるのでご安心を。

上限80%は絶対じゃない

iPhoneを長く使うためにバッテリー上限80%を使ってたまにそれ以上充電されて不思議に思っていましたが、仕様ということが分かって安心しました。

iPhone 15シリーズで初登場の機能だったので実際にどれくらい効果があるのか楽しみです。

普段は仕事や学校などでiPhoneの待機時間が長い方はぜひ低電力モードと併用するのをおすすめします。

いざというときにガッツリ使えるようにiPhoneのバッテリーを長持ちさせましょう!

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.