【純正の3分の1】iPad mini 6にESRマグネットケース【3,000円】

iPad

読書に漫画やネットサーフィンなど毎日使っているiPad mini。

外出時にも必ず持っていきます。

ESRのケースに入れていたのですが、毎日ヘビーに持ち歩くためカバー部分がボロボロになってきました。

そこでケースを買い替えることにしました。

いろいろ調べたのですが、新しく購入したのはやはりESR。

結果、純正のSmart Folioのようなクオリティで3分の1の価格で購入できて大満足でした!

iPad mini購入当初から使っていたESRケース

最初はコスパとiPad mini本体の側面保護目的でESRのケースを使っていました。

 

特に不満なく使っていましたが、1年以上使ってみてカバー部分の劣化や側面のボタン周りにホコリがたまるのが気になってきました。

ホコリを掃除するのですが、毎度iPad mini本体をケースからはずさないといけないのがめんどうでケースの買い替え時と思っていました。

iPad miniのケースに求めるもの3つ

オートスリープ機能

カバーを閉めるとスリープし、開けるとiPadのスリープが解除されるオートスリープ機能は絶対に必要です。

開いてすぐにiPadが使えて便利です。

シンプルなデザイン

iPadのデザインを損なわないシンプルなものがいいです。

ガジェットは黒系でそろえているのでそれに近い色で探しました。

手頃な価格帯

最初に購入したESRのケースは2,000円ほどでした。

iPad mini用の純正Smart Folioは9,800円。

気軽に購入できる金額ではないためもっと低い価格帯を探しました。

結果、ESRのマグネットケースを3,000円ほどで購入することができました。

新たに購入した純正Smart FolioのようなESRのマグネットケース

開封していきます。

 

シンプルな白い箱に入っていました。

 

ケース本体。

マグネット式なので一面フラットです。

 

ESRのマグネットケースの重量

iPad miniを外に持ち出すので気になるのは重量。

せっかくiPad mini本体は軽いのにケースが重かったら意味がありません。

実際に重さを測ってみました。

 

ケースのみの重量は154g。

iPad本体をくっつけるマグネットが入っていますが思いのほか軽い印象です。

 

iPad mini本体と保護フィルム+ケースとペンシル(非純正)で470gでした。

500mlペットボトルより軽いです。

持ち運びが多いのでありがたい重量です。

ESRのマグネットケースの側面

このケースの特徴は純正Smart Folioのように側面の保護がありません。

以前のESRケースで気になっていたボタン部分の保護はなくなりましたがホコリがたまることはなさそうです。

外出時は100均のB6ファイルケースに入れて持ち運んでいるので問題ないと思い購入することにしました。

純正Smart Folioとの違い

純正Smart Folioとの違いはペンシル落下防止のフラップがついているところです。

ペンシルを使わない場合はフラップを背面にマグネットでくっつけておくことができます。

マットな質感で高級感もあって大満足!

ペンシルのフラップの有無は使う人の好みが分かれそうですが、高級感があって大満足のクオリティです。

シンプルなデザインで純正Smart Folioのような見た目なのに価格が3分の1の3,000円だというのだから驚きです。

まとめ

iPad mini 6用のESRマグネットケースを紹介しました。

iPadのケースにはオートスリープ機能は必須といっていいレベルなので購入する際の参考にしていただければと思います。

純正Smart Folioの3分の1の3,000円で買えてクオリティも高く大満足でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が何かのお役に立てたなら幸いです。

 

コメント