iPad miniをモバイルバッテリー代わりにしたら失敗した話

iPhone

過去の記事でiPad miniを持っていけばモバイルバッテリーは不要!

と書いていましたが、実際に試してみたところ結論としてモバイルバッテリーは必要でした。



モバイルバッテリーなしで旅行へ

iPad miniがあるので、初のモバイルバッテリーなしで旅行に行ってきました。

Google マップや乗換案内、天気予報など旅先でiPhoneは手放せません。

使っているのがiPhone 12 miniでもともとのバッテリー容量が少ないものあるかもしれません。

朝に出発して昼過ぎくらいにはバッテリーが減ってきました。

そこで意気揚々とiPad miniとケーブルでつないで充電開始!

充電開始したはいいものの……

iPhoneのバッテリーが充電されているので期待通り!

でしたが、しばらくするとiPad miniのバッテリーがみるみるうちに減っていったのです。

iPhoneが1%が充電されるとiPad miniも1%減る……という具合でした。

これじゃあ充電じゃなくて給電やん。

それを身をもって知りました。

iPhoneとiPadの接続は充電ではなく給電

充電と給電の違いを知らないために痛い目をみるところでした。

iPadとの接続は緊急時にしておいたほうがよさそうです。

やはりiPhoneもiPadも使う!という方はモバイルバッテリーも持っていったほうが何かと安心ということを学びました。

荷物の減らしすぎに注意

iPadからの給電は、みるみるバッテリーが減っていくので精神的にもよくなかったです。

緊急時だけにしてモバイルバッテリーも持ち歩きましょう。

旅行の荷物は少なければ少ないほどいい!と自分に言い聞かせてしまっていたので改めたいと思います。

どうしても荷物を減らしたいならばモバイルバッテリーを持っていく代わりにiPadを置いていく……という選択をしないといけないかもしれません。

今後の旅行の持ち物を検討してみたいと思います。

デバイスや持ち物は人それぞれ

筆者はiPhone 12 miniを使っていますが、そもそもバッテリー容量の大きいiPhoneは他にもたくさんあります。

旅先でも1日中バッテリーが持つ!なんて方はモバイルバッテリーもiPadも不要かもしれません。

今、自分が持っているデバイスで快適な旅行ができる組み合わせを考えるのも楽しみのひとつだと考えます。



コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを摘出しました!

ブラウザ拡張を使用して広告をブロックしていることが摘出されました。

ブラウザの広告ブロッカーの機能を無効にするか、当サイトのドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。

何卒、ご了承ください。